高い査定額に注意

不動産ビジネスをしていない限り、土地を売るのは人生で多くても数回程度でしょう。そのため売主側は無知である事が多く、それにつけこむ悪徳業者も中にはいます。悪徳業者と言うと実際の価値よりも少ない価格を提示するイメージがあるかもしれませんが、実はその逆もあります。

土地、物件の売買は高額な取引のため、1件の成約が会社にとって大きな利益になる事も多いです。そのため、どの会社も顧客を獲得しようと必死になります。土地を売る際、少しでも高く売りたいと思うのが心情でしょう。その心理を利用し、相場よりも高い金額を提示する事で顧客を自分の会社に誘導する手口です。

取引勿論、高く売れるならそれに越した事はありません。しかし不動産取引の場合、不動産会社はあくまでも仲介に入るだけの事が多く、売却された土地に対し実際に支払いをするのは買主である事も多いです。当然、買主が拒否をすればその土地は売れません。

この仕組みを利用し、売主に対し「買主がこの金額までしか出せないと言っている」などと伝える事で価格を下げ、結局は相場と同等かそれより低い金額で取引に持ち込みます。

他の会社よりも査定額の高い会社があるとすぐに決めたくなりますが、一度冷静になり、何故査定額が高いのかきちんと質問をしましょう。中には会社努力で他より高い金額を提示できる会社もあります。査定の根拠を尋ねる事でそれを見極める材料になります。

査定のポイント

査定額は土地や物件の様々な点が考慮されて決まります。どれか1点だけが秀でていても、他の部分で評価が低ければ査定額は上がりません。不動産業者が査定する際にまず確認するのは、近隣物件の取引事例です。どのような物件がどれだけの価格で取引されているのか、そこを確認した上で査定物件の価値を見定めます。近隣物件の相場を見ておく事は土地を売る側にとっても大切です。中には売主側の無知を利用して相場より大幅に低い価格を提示する悪質業者もいます。近隣で取引事例がない場合は国が定めている土地の価格(公示価格)、道路の価格(路線価)を参考にする場合もあります。

立地条件物件の価格を決める上で大きなポイントとなるのは立地条件です。近くに駅やバス停があるかどうか、役所や郵便局、学校などの場所、スーパーやコンビニとの距離など、生活に密着する様々な機関との位置関係から物件を査定していきます。車が必要な地域なら、物件そのものに駐車場が用意できるかどうか、できない場合は近くに駐車場があるかも査定ポイントになります。また周囲の治安状況も査定に含まれます。

そしてそこに、物件そのものの価値が加わります。土地のみの場合は建物を建てやすい土地かどうか、駐車場にする予定なら車の出入りがしやすいかどうか、既に建物があるなら物件の外観や間取り、築年数、日当たりが査定ポイントになります。

土地売却の査定サイト

土地売却を考えた時、できるだけ高く売りたいと思うのが人の心でしょう。不動産業者は多くありますから、一番高く査定してくれる会社を選ぶ人も多いでしょう。しかし不動産会社一社一社に連絡して査定をお願いするのは時間もかかりますし、面倒です。

査定サイト最近はインターネットのおかげで、1回の情報入力で複数社から見積もりを取れる査定サイトもできました。入力項目も住所や居住状況、築年数や間取りなど基本的な事柄のみで大丈夫です。査定サイトで見積りを取れる不動産会社は大手の会社だけではなく、地域密着型の小規模会社もあります。どの会社にするかまだ決めていないのなら、まずは査定サイトを利用し、土地がどれだけの値段になるのか、どのような会社があるのかを見ておくと良いでしょう。

その中で高く査定してくれた会社や、気になった会社に直接コンタクトを取り、話を進める事もできます。しかし査定サイトの金額は売主が入力した情報を元にしていますから、あくまでも目安です。実際の金額は不動産会社の担当者が現地へ訪問し、直接目で見てから決まります。

但し、高く査定してくれる会社が必ずしも良いとは限りません。中には、取り合えず高い金額を提示し売主の興味を得る事を目的としている会社もあります。査定金額には必ず根拠があります。土地を売る場合は不動産会社に任せっきりにするのではなく、何が査定のポイントとなるのか自分でも知識をつけておく事が大切です。次のページでは査定で見るポイントと注意するべき不動産会社について説明します。


▽関連情報▽
土地売却一括査定サイト【スマイスター】