高い査定額に注意

不動産ビジネスをしていない限り、土地を売るのは人生で多くても数回程度でしょう。そのため売主側は無知である事が多く、それにつけこむ悪徳業者も中にはいます。悪徳業者と言うと実際の価値よりも少ない価格を提示するイメージがあるかもしれませんが、実はその逆もあります。

土地、物件の売買は高額な取引のため、1件の成約が会社にとって大きな利益になる事も多いです。そのため、どの会社も顧客を獲得しようと必死になります。土地を売る際、少しでも高く売りたいと思うのが心情でしょう。その心理を利用し、相場よりも高い金額を提示する事で顧客を自分の会社に誘導する手口です。

取引勿論、高く売れるならそれに越した事はありません。しかし不動産取引の場合、不動産会社はあくまでも仲介に入るだけの事が多く、売却された土地に対し実際に支払いをするのは買主である事も多いです。当然、買主が拒否をすればその土地は売れません。

この仕組みを利用し、売主に対し「買主がこの金額までしか出せないと言っている」などと伝える事で価格を下げ、結局は相場と同等かそれより低い金額で取引に持ち込みます。

他の会社よりも査定額の高い会社があるとすぐに決めたくなりますが、一度冷静になり、何故査定額が高いのかきちんと質問をしましょう。中には会社努力で他より高い金額を提示できる会社もあります。査定の根拠を尋ねる事でそれを見極める材料になります。